カフェインの真実

今日市場では身体に害を与える危険性がある人工的な成分を用いたエナジードリンクが多く販売されています。これらのエナジードリンクとニューベラスエナジーとのいちばん大きな違いは、ニューベラスエナジーには米国農務省からオーガニックの認定を受けた材料が用いられていることです。人工的に合成された成分は一切使用されていません。

今日では若者の多くがエナジードリンクを定期的に飲んでいます。しかしなかにはその副作用に苦しめれらている人もいます。合成カフェインを多く含むこうした人工的に調合されたエナジードリンクを長期にわたって飲用すると、人体に有害な影響を及ぼす危険性があります。以前は多くの人がコーヒーを飲用していましたが、今日の若者の多くはコーヒーではなく合成カフェインなど人工的な成分を多く含む飲料を飲んでいるのです。アクティブに活動するのではなく、ネットサーフィンやテレビの前で多くの時間を過ごしながら、エナジードリンクを飲用しているのです。大量の糖分や合成カフェインを含むこうしたエナジードリンクを飲用するのは若者にとって決して健康的な習慣ではありません。

こうした不健康なエナジードリンクは私たちにとって大きな問題です。コーヒーを毎日1〜2杯飲んでも健康には大きな害はありません。適量であれば健康に良いとの報告さえあります。大きな違いは使用されているカフェインにあります。天然のコーヒー豆と合成カフェインは大きく異なるのです。他の多くの天然成分と同様、コーヒー豆に含まれるカフェインは特徴的な分子構造をもっており他の成分から容易に分離することが可能です。また線維膜などカフェインの有効成分が体内へ吸収されるスピードを緩和する効果をもつ成分も多く含まれています。つまり自然の形のまま体内へ取り込むことができ、活力増進や注意力の向上などのメリットが期待されるのです。

ニューベラスエナジーに含まれている緑茶カフェインなどの天然成分はゆっくりと自然に体内に吸収されていきます。そのためニューベラスエナジーには注意力が長時間持続するなど多くの利点があります。他の多くのエナジードリンクは飲むと即効性はありますが、しばらくすると必然的にクラッシュに襲われます。これに対しニューベラスエナジーでは注意力が長時間にわたって持続し、またその効果が切れるときはクラッシュすることなくゆっくりと減退していくのです。

そんなニューベラスエナジーを初めて飲んだ人たちの共通の印象は:

ニューベラスエナジーには、強力な抗酸化成分やポリフェノールを豊富に含んだオーガニックジュース、さらに4種類のスーパーフードも配合されています。これらのオーガニックジュースやスーパーフードは身体にたいへん有益で、体内のフリーラジカルの数を低減する他の分子の酸化を抑制する働きがあります。

ニューベラスエナジーを毎日飲むと、身体とその細胞に上質のエネルギーと栄養が供給されるため、多くのエナジードリンクに用いられているような人工的に合成された成分に頼る必要もありません。エネルギーを増進し、健康、活力を維持するまさに素晴らしい方法なのです。

※本ウェブサイトの記載内容は米国食品衛生局(FDA)の評価を受けたものではありません。本製品は病気の診断、治癒、予防を目的としたものではありません。

Home: /mnt/stor1-wc2-dfw1/464536/www.nuverus.com/web/content/country/japan/web/nuverus-energy/the-caffeine-truth.php