NuVerus Plus ORAC Testing


最近の検査により、これまでに検査対象となった栄養ドリンク製品の中でニューベラスプラスが最も高いORAC値を有していることが実証されました。その値はボトル1本当たりなんと驚異の278,000、1オンス(30ml)当たりでも8,700もあります。

抗酸化物質の研究開発や検査の分野で世界的リーダーであるブランズウィック研究所(Brunswick Labs)が抗酸化物質の含有量を測定するために考案したのが総合オラックFN(Total ORAC FN)検査で、これにより食品や栄養素に含まれる抗酸化物質の量を客観的に測定することが可能になりました。総合オラックFNを用いることにより、油溶性及び水溶性原料の広汎な抗酸化力を客観的かつ定量的に分析することができるのです。

総合オラックFNは、人体中に見られる5種類の主なフリーラジカル(ヒドロキシル、ペルオキシル、ペルオキシ亜硝酸、一重項酸素、超酸化物陰イオン)に対し抗酸化物質がどのような働きをするかを測定します。これらのフリーラジカルは人体に酸化ダメージを起こし、相乗してDNA、タンパク質、脂質へダメージを与えたり、全身性炎症またその他の有害な障害の原因を引き起こします。

総合オラックFNを用いることで、フリーラジカルに対する実際の働きを検証し、それに基づいて製品の原材料や調合を微調整するなど科学的な分析が可能になるのです。また総合オラックFNはフリーラジカルの撃退効果に関する科学的な情報を提供するだけでなく、総合オラックFNに基づく製品開発を可能とするため、企業は競争の激しい市場において差別化を図ることが可能となるのです。

ニューベラスプラスがあれば、抗酸化成分とスーバーフードがぎっしり詰まった美味しいスーパージュースで毎日をスタートすることができ、そのコストも1オンス(約30ml)わずか2ドルで済みます(32オンス[960ml])入ボトルで60ドル)。

抗酸化物質は食物に含まれている物質、栄養素で、人体への酸化ダメージを防止したり、遅めたりします。人間の体は酸素が必要です。しかし酸素を消費すると副産物として必然的にフリーラジカルが作り出され、これが様々なダメージを引き起こすのです。抗酸化物質はフリーラジカルを掃除して身体へのダメージを予防したり修復するのです。

抗酸化物質は食物に含まれておりビタミン、ミネラル、カロテノイド、ポリフェノールなど様々な形態をとります。その多くはチェリーやトマトの濃い赤色、人参のオレンジ色、トウモロコシ、マンゴ、サフランの黄色、ブルーベリー、ブラックベリー、グレープの青紫色など鮮やかな色が特徴的です。食物に含まれる成分の中で抗酸化力が特に強いことでよく知られているのはビタミンA、C、E、ベータカロチン、セレン、さらに最近ではリコピンなどが挙げられます。

最近の研究や文献では、果物と野菜を一緒に摂取すると抗酸化作用に相乗効果が見られ、フリーラジカルのダメージに対し一層保護力を高めることができると示されています。ニューベラスプラスは、この強力な抗酸化物質と天然のスーパーフードを組み合わせ、さらにこれに生体利用効率の高いアロエベラを加えることでこれまでにないパワフルな抗酸化ドリンクを実現しています。

最近の検査により、これまでに検査対象となった栄養ドリンク製品の中でニューベラスプラスが最も高いORAC値を有していることが実証されました。その値はボトル1本当たりなんと驚異の278,000、1オンス(30ml)当たりでも8,700もあります。

※本ウェブサイトの記載事項は米国食品衛生局(FDA)の評価を受けていません。本製品は病気の診断、治癒、予防を目的としたものではありません。

Visit our brochures page to download the ORAC Testing Document.



Home: /mnt/stor1-wc2-dfw1/464536/www.nuverus.com/web/content/country/japan/web/nuverusplus/orac-value.php